***Contemporary tech Official Relay Blog!***

2018年04月10日

車内アナウンス

suigun-sen_1.jpg電車内の日本語のアナウンスの次に必ず英語でのアナウンスがあります。先日、中年の男女が私のすぐそばに乗車していて、ほろ酔い状態って感じでした。社内アナウンスがあった後に女性が「ねー!”今の車内アナウンス・なんて言ってるの?」と男性に向かって言いました。
聞かれた男性は、困った顔して空を仰ぎました。女性がすかさず、「わかんないの?」と、問いかけましたが男性の反応は無し。
「ま、”いいか」ってその場の会話は終わりました。ふと、私はなんてアナウンスしていたいたのか今一度アナウンスされないかなと、耳を澄まして待っていました。なかなかアナウンスがない中、聞こえてきました。先に日本語のアナウンスがあるので、意味は分かりますが、な・なんと聞き取れないほどの「ネイティブ」な英語でのアナウンスです。こうなったら和英するしかないなと思いましたが、単語がでてこないっす!”
それは、Please hold on to a handstrap or rail [つり革や手すりにおつかまり下さい。]これを暗記しましたので、今はスムーズに聞こえ、このアナウンスの時だけは私もネイティブな語学力の持ち主気分になっています。誰か車内アナウンスの時に私に聞いて!って心の中で期待して乗車しています。

最終走者



posted by 【人材派遣会社コンテンポラリーテック】 at 15:30| Comment(0) | 最終走者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。